エンジニア資格

【簡単?難しい?】LinuCレベル3(Level3)の難易度は?どのくらい難しいか解説します

LinuCレベル3とは?

LinuC-3 300とは、簡単に説明するとLinux、Windows、UNIX、Sambaなどの混在環境や運用の実践的なスキルが身についているかを評価するための資格試験となっています。

無事に合格することができれば、Linux、Windows、UNIXなどの混在環境でシステムインテグレーションやトラブルシューティングなどに対応することができるようになります。

また、冗長構成でLDAP、OpenLDAP、Sambaを使用したシステムや認証サーバーを構築することができるようになります。

システムエンジニアにとってはあって損はしない知識となっているので、これらのスキルを身につけたい人はLinuC-3 300の受験を検討するといいでしょう。

LinuCレベル3の難易度は?

LinuCレベル3の難易度は高く、基本的には特定分野の専門家として活動ができるレベルを想定されて作られており、Linuxに関わる各分野の最高レベルの技術力を持つことを証明する認定になります。

従って、Linuxの熟練者であっても最低1年程度の勉強期間は必要です。

尚、LinuCとLPICは、運営会社が異なる別資格ですが、基本的に学べる内容やレベルはほぼ近く、難易度もあまり変わらず、業界における評価もかなり近いようです。

公式サイトに勉強時間の目安が以下のように書かれています。 ・LinuCレベル1 1か月から3か月程度 ・LinuCレベル2 3か月から半年程度 ・LinuCレベル3 半年から1年程度

Linuxに全く馴染みがない場合には、当然、上記以上の時間を要することもあります。

LinuCレベル3はなぜ難しいのか?

LinuCレベル3は出題範囲が広い

LinuC-3 300の難易度が高いと言われている理由の一つに、出題範囲の広さがあげられます。

先ほども出題範囲を説明しましたが、あれは全て主題となるので、そこから更に細かい内容について聞かれます。

すべて対策するためには相当な時間が必要になります。

対策があまりできないという方はなかなか合格することが難しい難易度となっています。

難易度が高いLinuC-3 300に挑むなら、最低でも半年から1年程度は勉強する覚悟は持っておいた方がいいでしょう。

LinuCレベル3は専門性が問われる内容が多い

LinuC-3 300はレベル1のように基礎内容が中心の資格試験ではないため、難易度が高くなっています。

LinuC-3 300はCBT方式で選択問題となっていますが、内容は専門性が高くなっているため、相当な対策が必要な難易度となっています。

また、選択問題以外にも少しだけキーボード入力問題も出題されます。合格のためにはこれらの内容もしっかりと対策しておかなければなりません。

LinuCレベル3の試験内容

LinuC-3 300の難易度では、OpenLDAP の設定、OpenLDAPの認証バックエンドとしての利用、Sambaの基礎、Sambaの共有の設定、Sambaのユーザとグループの管理、Sambaのドメイン統合、Sambaのネームサービス、LinuxおよびWindowsクライアントの操作の中から出題されます。

試験内容は幅広く出題されるので、そこもLinuC-3 300の難易度が高い部分だと言われています。

LinuCレベル3の合格基準

LinuC-3 300に合格するためには、約60問中42問程度正解していれば合格となります。

LinuC-3 300の難易度が高いと言われている理由の一つに、合格基準が高いということもあげられます。

内容が難しいうえにあまり間違えられない試験となっているので、しっかりと対策する必要があります。

おすすめ記事

1

本気でエンジニアになりたいかたは何からはじめていいかわからないことがあるでしょう。 そんな方に便利なのが、未経験者でもいちからサポートしてくれるプログラミングスクールをおすすめします。未経験者だと難し ...

2

未経験からエンジニアとして転職を目指している人におすすめの転職エージェントを紹介します。 初めてだと未経験だからなにから始めていいかわからない、ほんとにエージェントは相手にしてくれるのか?、と不安にな ...

-エンジニア資格

© 2021 はじめてのエンジニア