エンジニア資格

【いつ?】LinuCレベル3(Level3)の試験日はいつか?

LinuCレベル3(Level3)は誰のための試験?

LinuCレベル3(Level3)には300、303、304の3種類の試験があります。

LinuCレベル3(Level3)300試験とは

Linux、Windows、UNIX、Sambaなどの混在環境・運用の実践的なスキルを証明するならこの資格です。

LinuCレベル3は、「エンタープライズレベルでの仕事ができる技術者」を認定する資格試験です。

LinuCレベル3 300 Mixed Environmentでは、以下のような、Linuxを使ってエンタープライズレベルの大規模システム構築やコンサルティングができる、最高技術レベルのLinuxプロフェッショナルの能力を確認できます。

  • Linux、Windows、UNIXの混在環境でのシステムインテグレーションやトラブルシューティングができる。
  • 冗長構成でLDAP、OpenLDAP、Sambaを使ったシステムや認証サーバーを構築できる。

LinuCレベル3 300 Mixed Environmentに認定された方は、上記項目のような、Linux、Windows、Unixなどによる混在環境のシステム設計や構築ができ、複数のシステムを認証統合できるエンジニアとして評価されます。

LinuCレベル3(Level3)303試験とは

セキュアなシステム設計、サーバー構築のスキルを証明するならこの資格です。

LinuCレベル3は、「エンタープライズレベルでの仕事ができる技術者」を認定する資格試験です。

LinuCレベル3 303 Securityでは、以下のような、Linuxを使ってエンタープライズレベルの大規模システム構築やコンサルティングができる、最高技術レベルのLinuxプロフェッショナルの能力を確認できます。

  • Linux環境での認証の技術及びシステムセキュリティを考慮したシステム計画、構成、設計、構築、実装ができる。
  • セキュアなシステムにするために、ぜい弱性及びその対策を評価し、トラブルシューティングができる。

LinuCレベル3 303 Securityに認定された方は、セキュアなシステムにするために、システムの脆弱性及びその対策を評価し、安全性の高いシステム設計や サーバー構築ができるエンジニアとして評価されます。

LinuCレベル3(Level3)304試験とは

仮想化システムや高可用性システムを構築するスキルを証明するならこの資格です。

LinuCレベル3は、「エンタープライズレベルでの仕事ができる技術者」を認定する資格試験です。

LinuCレベル3 304 Virtualization & High Availabilityでは、以下のような、Linuxを使ってエンタープライズレベルの大規模システム構築やコンサルティングができる、最高技術レベルのLinuxプロフェッショナルの能力を確認できます。

  • 仮想化の概念と技術を理解し、Linux/OSSを使って仮想化システムを構築、運用する専門家であることを証明できる。
  • 負荷分散、クラスタ管理、クラスタストレージなどの高可用性のための技術をLinux/OSSを使って構築、運用できる能力を証明できる。

LinuCレベル3 304 Virtualization & High Availabilityに認定された方は、LinuxとOSSによる仮想化と高可用性技術についての知識を持ち、仮想化システムや高信頼性システムを構築、運用できるエンジニアとして評価されます。

LinuCレベル3(Level3)の試験日(受験日)はいつ?

日時・会場を全国各地から自由に選択して受験できます。

受験の前提条件

受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、前提資格保有条件として、「有意なLinuCレベル2」を保有している必要があります(有意性の期限についてはこちらをご確認ください)。ただし、受験するだけであればレベル3を先に受験することも可能です。(レベル2認定を取得するまでレベル3認定は取得できません)

受験費用

1試験あたり16,500円(税込)です。 LinuCレベル3の試験は一回目の不合格日から2年間、同一試験を5,500円(税込)にて再受験可能です(一回限り)。

※受験チケット(バウチャー)は、決済完了の確認ができ次第、5営業日程でEメールにてお送りいたします。

※受験チケットを一括購入する場合、割引制度を適用いたします。

試験実施方式

試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題されます。実技や面接はありません。

※CBTの詳細は試験配信会社(テストセンター)「ピアソンVUE」までお問い合わせください。

問題数

約60問

試験時間

90分(※) ※試験後の簡単なアンケートに5分の時間を要しますので、試験問題を解く時間は実質「85分」です。

出題範囲

300試験の出題範囲

認定要件

「300試験」、「303試験」、「304試験」のいずれか1つに合格し、かつ、「有意なLinuCレベル2」の認定を持っていると、「LinuCレベル3」に認定されます。

合否結果

合否結果は試験終了と同時に判ります。

※ペーパーテスト(PBT)はありません。

平均勉強期間

一般的な勉強期間の目安としては、半年~1年程度です。

望まれるスキルレベル

300試験のスキルレベル

300試験は、下記が問題なく行えるというレベルの試験内容となっています。

  • Sambaを使って、ユーザー管理、ドメインコントロール、セキュリティ、パフォーマンス調整など、ファイルサービスとプリントサービスをWindowsと統合した経歴を有すること。
  • SambaとLDAP、OpenLDAPを使って完全な環境を計画、構成、設計、構築、実装できるほか、これらのサービスのキャパシティプランニング、セキュリティの評価、トラブルシューティングもできること。

303試験のスキルレベル

303試験は、下記が問題なく行えるというレベルの試験内容となっています。

  • 出題範囲で概説されている、必要なスキルと経験があること。
  • マルチサイトの企業や負荷が非常に高いインターネットサイトなどのように、複雑な自動化の問題向けにカスタマイズしたソリューションを設計して実装することができること。
  • プロジェクトを開始し、予算を意識して作業することができること。
  • アシスタントを監督し、問題のトラブルシューティングを支援することができること。
  • 上位管理職のコンサルタントとなれること。

受験における事前確認事項

試験別の有効期限

ありません。

有意性の期限

認定の有効期限はありませんが、「有意性の期限」があります。認定の有意性を維持するためには「認定日から5年以内」に再認定が必要です。 詳しくは「再認定ポリシー(有意性の期限)」をご覧ください。

再受験ポリシー

LinuCの再受験ポリシーは不合格の場合のみ適用されます。合格時は再受験ポリシーの対象外となります。 1回目の受験で不合格の場合に、LinuCの同一科目を受験する際、2回目の受験については、受験日の翌日から起算して7日目以降(土日含む)より可能となります。 受験前に必ず「再受験ポリシー」をご確認ください。

おすすめ記事

1

本気でエンジニアになりたいかたは何からはじめていいかわからないことがあるでしょう。 そんな方に便利なのが、未経験者でもいちからサポートしてくれるプログラミングスクールをおすすめします。未経験者だと難し ...

2

未経験からエンジニアとして転職を目指している人におすすめの転職エージェントを紹介します。 初めてだと未経験だからなにから始めていいかわからない、ほんとにエージェントは相手にしてくれるのか?、と不安にな ...

-エンジニア資格