エンジニア資格

【いつ?】LinuCレベル1(Level1)の試験日はいつか?

LinuCレベル1(Level1)は誰のための試験?

物理/仮想Linuxサーバーの 構築と運用なら、レベル1が適しています。

LinuCレベル1 Version 10.0は、仮想環境を含むLinuxシステムの基本操作とシステム管理が行える技術者を認定します。 以下の知識と技術を持つことの裏付けとなります。

  • 仮想マシンとコンテナを含むLinuxサーバーの構築と運用・管理ができる。
  • クラウドのセキュリティを理解し、安全に運用できる。
  • オープンソースの文化を理解し、業務に活用できる。

LinuCレベル1は、全てのIT技術者の基礎となります。

LinuCレベル1(Level1)の試験日(受験日)はいつ?

日時・会場を全国各地から自由に選択して受験できます。

受験の前提条件

受験のための実務経験や前提資格保有条件はありません。

受験費用

1試験あたり16,500円(税込)です。 レベル1を取得するには101試験と102試験の2試験に合格する必要があります。

※受験チケット(バウチャー)は、決済完了の確認ができ次第、5営業日程でEメールにてお送りいたします。

※受験チケットを一括購入する場合、割引制度を適用いたします。

試験実施方式

試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題されます。実技や面接はありません。

※CBTの詳細は試験配信会社(テストセンター)「ピアソンVUE」までお問い合わせください。

※団体受験用にペーパーテスト(PBT)もございます。

問題数

約60問

試験時間

90分(※) ※試験後の簡単なアンケートに5分の時間を要しますので、試験問題を解く時間は実質「85分」です。

出題範囲

101試験の出題範囲 102試験の出題範囲

認定要件

「101試験」と「102試験」の2試験に合格するとレベル1に認定されます。受験する順番はどちらからでも構いません。

※認定されるためには2試験(101試験と102試験)を5年以内に合格する必要があります。

合否結果

合否結果は試験終了と同時に判ります。

※ペーパーテスト(PBT)の場合には、数週間後に郵送などの方法で結果をお知らせします。

平均勉強期間

一般的な勉強期間の目安としては、1か月~3か月程度です。

確認できるスキルレベル

LinuCレベル1は、クラウド環境やオンプレミス環境における「Linuxシステムの構築・運用・管理の専門家」を認定する認定試験です。以下のLinux操作においての技術的なスキル指標を確認できます。

  • Linuxシステムの構築・運用・保守をするために必要な基本操作ができる。
  • Linuxディストリビューションを利用するために必要な知識がある。
  • Linuxシステムの構築・運用・保守に必要なネットワーク、セキュリティの基本設定ができる。
  • クラウド構成技術である仮想化とコンテナの基礎知識がある。
  • オープンソースの文化を理解し、エコシステムに貢献できる。

受験における事前確認事項

試験別の有効期限

LinuCレベル1に認定されるためには、101試験と102試験の両方の試験を5年以内に合格する必要があります。 詳しくは「試験別の有効期限」をご覧ください。

有意性の期限

認定の有効期限はありませんが、「有意性の期限」があります。認定の有意性を維持するためには「認定日から5年以内」に再認定が必要です。または保有する認定レベルより上位の認定を5年以内に取得する必要があります。 詳しくは「再認定ポリシー(有意性の期限)」をご覧ください。

再受験ポリシー

LinuCの再受験ポリシーは不合格の場合のみ適用されます。合格時は再受験ポリシーの対象外となります。 1回目の受験で不合格の場合に、LinuCの同一科目を受験する際、2回目の受験については、受験日の翌日から起算して7日目以降(土日含む)より可能となります。 受験前に必ず「再受験ポリシー」をご確認ください。

おすすめ記事

1

本気でエンジニアになりたいかたは何からはじめていいかわからないことがあるでしょう。 そんな方に便利なのが、未経験者でもいちからサポートしてくれるプログラミングスクールをおすすめします。未経験者だと難し ...

2

未経験からエンジニアとして転職を目指している人におすすめの転職エージェントを紹介します。 初めてだと未経験だからなにから始めていいかわからない、ほんとにエージェントは相手にしてくれるのか?、と不安にな ...

-エンジニア資格

© 2021 はじめてのエンジニア