エンジニア資格

【受験方法】基本情報技術者試験はどうやって受ける?受験方法を徹底解説します

試験を受ける前に、当日の流れや何を準備しておく必要があるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

試験直前になってあわてないように準備はできるだけ事前にやっておくようにしてください。

ここでは、基本情報技術者試験の申し込み方法や当日の流れ、準備しておくものなどについてまとめました。

基本情報技術者試験の受験を考えているという方は、ぜひ参考にしてください。

基本情報技術者試験の午前免除制度について

基本情報技術者試験に申し込む前にまず確認したいのが、基本情報技術者試験の「午前免除制度」です。

基本情報技術者試験は午前試験と午後試験に分かれており、両方で基準点以上を取ることで合格することができます。

しかし基本情報技術者試験には午前免除制度が設けられているため、独立行政法人情報処理推進機構が認定している講座を受講して修了試験に合格すると、午前試験が免除となります。

午前免除制度を利用するメリットとしては、本番と比べて難易度が低く合格率が高いこと、本番の試験の負担が減ることなどが挙げられます。

その一方で、トータルでの勉強期間が長くなる、受験費用がかさむなどのデメリットもあります。

よく考えたうえで、午前免除制度を利用するかどうかを決めるといいでしょう。

基本情報技術者試験の受験手数料

基本情報技術者試験の受験手数料は5,700円(税込み)となります。受験手数料の払込方法は、申し込みの種類・申し込みの経路によって異なりますので、以下、詳細をご確認の上、お振込みください。

基本情報技術者試験に個人で申し込む方法

ここでは、基本情報技術者試験に関する基本情報およびインターネット申し込みの流れをご紹介します。

インターネット申し込み

 IPA(情報推進機構)のインターネット受付ページより、受験者ご本人が直接必要事項を記入の上、申し込む方法です。インターネット申込の場合は、紙面での願書は必要なく、24時間受付を行っておりますので、受付期日までにお申し込みください。

詳細な申込手順については、IPAホームページよりご確認ください。⇒受験申込ページはこちらから

【受験手数料の払込方法】

インターネット申込での、払込方法は下記の3通りの決済方法からお選びいただけます。

1.クレジットカード決済

2.ペイジー(pay-easy)による払込み

3.コンビニでの払込み

※令和2年度10月試験より、願書郵送申込みが廃止されました。なお、身体障害者など受験時の特別措置を希望される方で、インターネット申込みを利用できない方のみ、願書郵送申込みができます。

基本情報技術者試験の受験申込みの注意事項

受験申込みに関して以下の注意事項がありますので、一度読んでおきましょう。

(1)~(3)をご承知おきの上、受験申込みいただきますようお願いいたします。

受理した受験手数料は、理由のいかんにかかわらず返還できませんので、ご注意ください。なお、(1) のように経済産業省及び当機構の判断で試験実施を中止した場合などには、代替措置等を講じる場合もあります。 また、

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、早期の受験を迫られていない方につきましては、なるべく今回の受験申込みを自粛していただきますよう、ご協力をお願いします。

(1) 試験の中止について

新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、受験申込みを受け付けた後でも、試験を中止する場合があります。

(2) 試験地について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策などにより、試験地によっては、希望する試験地で受験できない可能性があります。その場合、宿泊等が必要になることもあります。あらかじめご了承ください。

(3) 試験会場の場所について

同一都道府県内の他地域に設置された試験会場、最寄り駅からバス、徒歩での移動に時間がかかる試験会場での受験となる可能性もあります。あらかじめご了承ください。

基本情報技術者試験の当日の流れや準備しておくもの

試験日に焦らないためにも、当日の流れや準備しておくものはあらかじめ確認しておきましょう。

・当日の流れ 午前試験は9:30~12:00の120分間です。 9:10までには着席しておくようにしましょう。 なお、10:30~11:50の間は途中退席が可能です。 午前試験は13:00~15:30の150分間です。 12:40までには着席しておくようにしましょう。 午前試験と同様、13:40~15:20の間は途中退席が可能です。

・持ち物 受験票、黒鉛筆およびシャープペンシル(BまたはHB)、鉛筆削り、消しゴム、定規、時計、ハンカチ、ポケットティッシュ、目薬

・持ち込み禁止・使用禁止のもの 試験に使用できるものは、持ち物で挙げた物のみです。 他の物は一切使用が認められておらず、とくに携帯電話などの電子機器や書籍をカバンに収納していない場合には受験自体が無効になるので十分に注意しましょう。

おすすめ記事

1

本気でエンジニアになりたいかたは何からはじめていいかわからないことがあるでしょう。 そんな方に便利なのが、未経験者でもいちからサポートしてくれるプログラミングスクールをおすすめします。未経験者だと難し ...

2

未経験からエンジニアとして転職を目指している人におすすめの転職エージェントを紹介します。 初めてだと未経験だからなにから始めていいかわからない、ほんとにエージェントは相手にしてくれるのか?、と不安にな ...

-エンジニア資格

© 2021 はじめてのエンジニア